2015年2月23日月曜日

大分県公共施設

【臼杵市観光交流プラザ外装】 ご使用いただいたタイル : パドラォン

外壁部分にパドラォン型番PD6をお使いいただきました。白い壁にタイルの青が映えます。ポルトガルのアズレージョ独自の青ですので、訪れる観光客が、ここで臼杵に残るポルトガルの影響を感じてくださるのでは。

***施設用途***
臼杵を訪れる観光客が最初に立ち寄る場・市民も集い交流できる中心市街地の賑わいの場。2014年5月にオープン。
かつて臼杵に建てられていた、ノビシャドをイメージした外観。南蛮貿易で臼杵と交流のあったポルトガルのアズレージョを一部に使用。中世南蛮貿易の拠点であった臼杵の地に、人々の集う拠点として平成26年に完成。